MENU

Exness(エクスネス)とは?口コミや評判、安全性やメリット・デメリットを紹介

Exness(エクスネス)とは?口コミや評判、安全性やメリット・デメリットを紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • Exness(エクスネス)の評判や口コミを知りたい
  • Exness(エクスネス)のメリットやデメリットを知りたい
  • Exness(エクスネス)を安全性や注意点を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「Exness(エクスネス)の口コミや評判、メリットや注意点、安全性」などを紹介していきます。

なお、以下の記事でおすすめの海外FX業者のランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめ比較ランキング14選!人気FX口座の評判や特徴、選び方を徹底解説 この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者や各業者の特徴や評判を知りたい 海外FXと国内FXの違いや、メリットデメリットを知りたい 海外FX会社を選ぶ際の注...
目次

Exness(エクスネス)とは

Exness(エクスネス) とは

出典元:https://exn.fxsignup.com/

Exness(エクスネス)とは、2008年にサービスを開始した海外FX業者です。

2020年に日本に向けてサービスを開始し、利用する日本人が徐々に増えてきています。

それに伴いサポート面の対応も手厚くなっています。

それでは、このExness(エクスネス)の詳細を見ていきましょう。

>>業界最高水準の取引条件でトレード可能な海外業者!
注文約定はたった0.1秒の驚異的なスピード!!<<<

※公式サイトに遷移します。

Exness(エクスネス)の概要

Exness(エクスネス)の概要を表にまとめました。

通貨ペア数約119種類
スプレッドドル円:1.1pips
最大レバレッジ無制限
手数料
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料
ボーナスなし
公式サイト公式HPはこちら

Exness(エクスネス)のメリット

Exness(エクスネス) メリット

Exness(エクスネス)のメリットを紹介していきます。

レバレッジの倍率が無制限

Exness(エクスネス)のメリットのひとつとして、ほかの海外FX口座と比べてレバレッジが無制限な点が挙げられます。

無制限にするには条件がありますが、海外FXのサービスを見渡しても、レバレッジ倍率を無制限としているところはほとんどありません。

ちなみに、レバレッジ倍率を無制限にするには、リアル口座で最低10回の取引と合計5ロットの取引が必要です。

すぐにでも無制限したい場合には「0.5ロット×10ポジション」のエントリーで条件を満たせますね。

このような形で、定められたルールを守れば、ほかのFX口座では考えられないような高倍率のレバレッジでの取引が可能となります。

通貨ペア数が豊富

Exness(エクスネス)のメリットとして「通貨ペアが豊富」という点は注目しておくべきポイントです。

その数にして100種類以上とトップクラスの多さとなっており、取引する通貨には困りません。

貴金属やエネルギー、仮想通貨の取引にも対応しておりかなり充実しています。

この扱える銘柄の多さこそが、Exness(エクスネス)のメリットとなっています。

最低入金額が1ドルと低額

Exness(エクスネス)は、スタンダード口座であれば、最低入金額が1ドルからでも問題ないというメリットがあります。

つまり、1ドルと必要な本人確認書類などを用意できれば、気軽に口座の開設ができるということです。

たとえば、とりあえず口座開設をしたいけれどそんなにお金は入れておきたくない人、手短に口座開設をしたい人にとっては最低入金額の低いExness(エクスネス)のスタンダード口座開設がおすすめです。

>>業界最高水準の取引条件でトレード可能な海外業者!
注文約定はたった0.1秒の驚異的なスピード!!<<<

※公式サイトに遷移します。

Exness(エクスネス)のデメリット

Exness(エクスネス) デメリット

Exness(エクスネス)のデメリットを紹介していきます。

目立ったボーナスが無い

ほかの海外FX口座ではよくあるボーナスやキャンペーンがExness(エクスネス)にはありません

口座開設や入金をしてもボーナスが無いのでため、物足りなさを感じる方もいらっしゃるでしょう。

ただ、ボーナスを無くすことで「最大レバレッジ無制限」など、ほかに資金を回し顧客により良い環境で取引ができるようにしています。

ボーナスがないことだけをデメリットとして見ずに、全体的なメリット・デメリットを踏まえて判断する必要があります。

レバレッジ無制限にするためには条件がある

レバレッジ無制限でのトレードをするためにルールに従わなければいけないということです。

  • リアル口座で最低10回の取引をしなければいけないこと
  • 合計で5ロットの取引が必要であること

この2点を満たさなければ、せっかくの恩恵が得られません。

これらの条件をすべて満たさないと、レバレッジ無制限は利用できず、2000倍までのレバレッジに規制されます。

この解放条件を満たすまでの手間がかかってしまうということは、Exness(エクスネス)のデメリットとして考えられるでしょう。

スタンダード口座以外の初回最低入金額は高め

Exness(エクスネス)では「スタンダード口座の最低入金額は低い」と評判ですが、それ以外の初回最低入金額が高いというデメリットは覚えておかなければなりません。

プロ口座やゼロ口座、ロースプレッド口座などの初回最低入金額は1,000$にのぼります。

最低入金額が高いということは、口座開設と同時に必要となる金額が他の海外FX口座よりも高いため、手が出しにくいと感じる方も少なくありません。

そのため資金に余裕がない人にとってはデメリットになってしまいます。

Exness(エクスネス)の評判・口コミ

Exness(エクスネス) 評判 口コミ

Exness(エクスネス)の評判や口コミを紹介していきます。

良い評判

Exness(エクスネス)の良い評判としては、

  • 人気通貨ペアだとスワップが0の銘柄がある
  • レバレッジ無制限なので少額からでも稼げる
  • ポジションを保有していても資金移動・出金が可能

などがありました。

ゴールド・仮想通貨・株価指数などの通貨ペアのスワップは0で、日をまたいでポジションを保有した場合でもマイナスのスワップポイントが発生しないのが特徴です。

そして何よりレバレッジが無制限な点は、多くのユーザーから好まれる要素です。

たしかにリスクはつきますが、少額で大きく稼げる点に魅力を感じる方も多いことがわかるでしょう。

悪い評判

Exness(エクスネス)の悪い評判としては、

  • 利益出てるポジションの約定は遅いことが多い
  • 雇用統計後に10分くらい注文のキャンセルができない

などがありました。

これらの評判はあくまで個人の口コミであるため、一概には言えない部分もあります。

ですが上記のような約定スピードに物足りなさを感じるユーザーが多いことは頭の片隅に入れておくべきでしょう。

もし約定スピードを強く求めるのなら、ほかの海外FX口座の利用を検討することが賢明です。

Exness(エクスネス)の運営会社や安全性は?危険?

Exness(エクスネス) 安全性

Exness(エクスネス)は「PLUS INVESTMENT CORP.」という組織が運営しており、その安全性は高いとされています。

なぜかというと、セーシェル金融サービス庁で、金融ライセンスを取得しているからです。

また、海外FX口座は日本の金融庁からの警告が出されている所もしばしば見受けられますが、Exness(エクスネス)では現状そういった警告は出ていません。

実際に、Exness(エクスネス)はイギリスのもグループ会社がありますが、そのグループ会社も金融ライセンスを取得しています。

イギリスの英国金融行動監視機構の金融ライセンスは、取得が難しいことで有名です。

その金融ライセンスを取得しているというので、安全性が高いという裏付けにもなるでしょう。

Exness(エクスネス)の評判や口コミまとめ

Exness(エクスネス) まとめ

今回は「Exness(エクスネス)の口コミや評判、メリットや注意点、安全性」などについて解説しました。

注目すべきポイントは「レバレッジの倍率が無制限」にも関わらず「安全性の高い金融ライセンスを所持している」ということです。

たしかに、魅力的なボーナスは無いものの、そのデメリット以上のメリットがあることは覚えておくべきです。

低額で大きく稼ぎたい方こそ、Exness(エクスネス)を検討する余地は大いにあるでしょう。

>>業界最高水準の取引条件でトレード可能な海外業者!
注文約定はたった0.1秒の驚異的なスピード!!<<<

※公式サイトに遷移します。

なお、以下の記事でおすすめの海外FX業者のランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめ比較ランキング14選!人気FX口座の評判や特徴、選び方を徹底解説 この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者や各業者の特徴や評判を知りたい 海外FXと国内FXの違いや、メリットデメリットを知りたい 海外FX会社を選ぶ際の注...

この記事の執筆者

Money Graph(マネーグラフ)は国内最大級の金融情報メディアです。FXや投資などの金融関連情報を発信します。

目次