GFF氏のFX手法とは?下積み時代から現在の軌跡も解説

FX GFF氏のFX手法とは

この記事を読んでいるあなたは、

  • 伝説のGFF氏はどんな人か知りたい
  • GFF氏が10万円から6億円まで稼ぎ出した方法を知りたい
  • GFF氏が勝てた要因と負けた原因を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「GFF氏の人となりやFXで短期間のうちに勝てた要因」などをお伝えしていきます。

なお、以下の記事でおすすめの海外FX業者のランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者や各業者の特徴や評判を知りたい 海外FXと国内FXの違いや、メリットデメリットを知りたい 海外FX会社を選ぶ際の注意点を知りたい上記のように考えているかもし[…]

そもそもGFF氏とは

そもそもGFF氏とは

GFF氏は、わずか10万円の証拠金から6億円を稼ぎ出した伝説のトレーダーです。

当時ニコニコ生放送で実際にトレードしている様子を、生配信で公開して人気を博していました。

自動車工場の期間工やアルバイトでお金を稼ぎ、その資金を元手にトレードをしていたと言われています。

生配信で実際のトレード手法を公開していたことやどこにでもいるような境遇だったので、トレードをしている人の憧れの存在となっていました。

GFF氏は「3億円ロスカット事件」で資産が30万円となり引退していますが、今でも語り継がれる出来事でした。

GFF氏のFXでの資産推移

GFF氏の資産推移

証拠金10万円から6億円まで稼ぎ出したGFF氏は、どのように稼いでいき、どのように転落していったのか。

こちらでは、GFF氏のFXでの資産推移をまとめていきます。

かなり伝説的な出来事だったので当時は雑誌等でも大きく取り上げられたほどでした。

あなたのトレードにも役立つことが少なからずあるかもしれないので、ぜひご覧ください。

下積み時代

2〜3ヶ月で10万円から6億円まで稼いだと話題になっていましたが、実際は2年ほど稼げない下積み時代があったとされています。

その期間はトレードの手法も確立しておらず、400万円ほどの損失を抱えていました。

トレードで負けながらもやめなかったことで、自分なりの手法や情報収集の方法を確立していったと考えられます。

含み益6億円達成

負け続けた下積み時代から一転、勝ち始めてから2〜3ヶ月で含み益6億円を達成しました。

勝ち始めたのを機に、ニコニコ生放送の配信を開始。

勝ち始めてあれよあれよと億り人になったので、トレードをしている人から人気の配信者となっていきました。

手法としてはシンプルな方法でトレードしていましたが、勝つ時も負ける時も豪快なトレードによって大人気でした。

3億円ロスカット事件

のちに語り継がれる「3億円ロスカット事件」。

当時のGFF氏の保有ポジションは、ポンド/円のショート1万6000枚でした。

GFF氏はレバレッジ100倍でトレードしていた為、当時のレートで約200億円の取引でした。

人生をかけたポジションでしたが、この時の取引は予想に反しポンドが上昇し、3億円の強制ロスカットとなりました。

配信を見ているファンの中ではGFF氏はデモトレードを配信しているのではないかと言われていましたが、ロスカットされてからポンド/円が30pipsも急騰したことからその疑惑は晴れたのです。

ロスカットされた時の貴重な取引配信動画は、現在でもYouTube上で閲覧できます。

現在

「3億円ロスカット事件」を機にニコ生の配信は引退したGFF氏ですが、現在でも為替取引は続けているとされています。

また仲間の方と為替に関する情報をサイトを制作し、自身の経験や手法について執筆する予定と2019年のインタビューで答えています。

一度は大失敗したGFF氏ですが、FXで稼ぎ有名になったのでFXに関わっていくとのことです。

GFF氏が短期間で6億円を稼げた理由

GFF氏が稼げた理由

GFF氏は2〜3ヶ月という短期間で6億円を稼ぎ出しましたが、その理由についてまとめていきます。

短期間で稼げた理由としては、

  • ハイレバレッジに挑戦していた
  • エントリーのタイミングを絞っていた
  • シンプルな手法を続けた
  • アナリストのレポートを読んでいた

が挙げられます。

もちろん同じ手法で誰でも大きく稼げるわけではありませんが、今でも活用できる手法ばかりなので、トレードをしている方にとっては参考になるでしょう。

ハイレバレッジに挑戦していた

GFF氏は、ハイレバレッジに挑戦していました。

現物取引だけで6億円の利益を得るにはかなりの資金が必要になりますし、時間がかかります。

日本国内では最大25倍のレバレッジしか使えませんが、当時海外の取引所では100倍のレバレッジをかけることができました。

ハイレバレッジは負けた時のリスクが高いですが、その分リターンも大きくなっています。

短期間で高額を稼ぐには、大きな資金を準備するかハイレバレッジをかける必要があります。

エントリーのタイミングを絞っていた

GFF氏は、チャートのトレンドを確認することでエントリーのタイミングを絞っていました。

具体的には「RSI」と言われる数値をもとに決めていたり「窓埋め」というチャートに出現する隙間を埋めるように相場が動く原理を利用したりしてエントリーのタイミングを決めていました。

現在の相場がどのような状況かを確認してからエントリーすることで、その後の立ち回り方を決めやすくなります。

1時間足・4時間足・日足などの長期チャートを見ることで、現在が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを判断しています。

シンプルな手法を続けた

GFF氏は「RSI」と「窓埋め」という2つのシンプルな手法を続けたことで6億円という大きな利益を出せたと言えます。

トレードにはたくさんの手法があり、勝つためにいろいろ試したくなります。

しかしGFF氏は2つの手法で徹底的にトレードしました。

いろいろな手法を使うと損益がでた理由を分析しにくいですが、同じ手法を続けることで何がよくて何が悪かったのかを分析できます。

アナリストのレポートを読んでいた

GFF氏は、自己流で相場の判断をせず、プロのアナリストのレポートを読んでいました。

相場は自分が取引している通貨だけではなく、他の通貨の変動も知っておくことが重要です。

為替の相場は世界各国の情勢が密接に関係しているので、プロのアナリストの意見を参考にすることが勝つためには必要になります。

アナリストの意見をもとに、自分なりに相場を予想できるようになることで、レベルの高いトレーダーになることができるでしょう。

GFF氏のFXのトレード手法

GFF氏のトレード手法

GFF氏は2つのシンプルなトレード手法を活用していました。

使っていたトレード手法は

  • RSI
  • 窓埋めトレード

です。

内容はかなりシンプルなものなので、誰でも真似できる手法でした。

特別なツールを使ってトレードするわけではありません。

GFF氏はシンプルなトレード手法を繰り返すことで、大きく勝つことができたとのことです。

RSI

RSIはRelative Strength Indexの略で、相場の価格から買われすぎや売られすぎを表す指標になります。

RSIが80になると買われすぎなので売りのサイン、20になると売られすぎなので買いのサインと考えられています。

チャートの中でRSIにトレンドラインを引き、ラインブレイク(RSIの値がそれまでと違う動き)をした際にエントリーするというシンプルな手法です。

こんなにシンプルな手法で勝てるのか疑問を持つ方もいると思いますが、GFF氏はこの手法で6億円もの利益を得ていました。

窓埋めトレード

チャートの隙間を埋めるように相場が動く性質を利用して、エントリーするタイミングを決める手法を窓埋めトレードと言います。

マーケットが再開される週明けや急激な相場の変化から、隣り合うローソク足同士の隙間を窓と言います。

市場ではローソク足同士の隙間を埋めるかのようにレートが動く性質があり、その性質を利用したトレード手法となっています。

必ずしもローソク足同士の隙間が埋まるというわけではありませんが、海外では「窓埋め」についてだけで書籍がでているくらい奥深いものです。

GFF氏の失敗

GFF氏の失敗

GFF氏は10万円から6億円まで利益を出すという成功を収めましたが、ロスカットし資金が30万円まで減る失敗も犯してしまいました。

GFF氏が失敗した要因としては下記が挙げられます。

  • 損切りが減った
  • 手法に見合わない高いレバレッジだった
  • 手法を再検証をする機会がなかった

これらの要因はトレードで利益が出ている人なら、誰しもが陥る可能性があります。

成功方法はみんなに当てはまるわけではありませんが、失敗は誰でも参考になるので、トレードをしている人は参考にしてみてください。

損切りが減った

トレード手法は愚直に守ってトレードしていたGFF氏でしたが、数億円稼いだあとはなかなか損切りができなくなっていました。

せっかくあげた利益を失いたくない気持ちや生配信で多くの人が見ていたことで損切りができなくなっていたのでしょう。

トレードの世界では、感情に任せたトレードはNGと考えられています。

取引する際はマイルールを決めて、ルールに従って損切りをすることが重要です。

手法に見合わない高いレバレッジだった

GFF氏はシンプルな手法を活用していましたが、高いレバレッジには合わないものでした。

こちらの手法は一般的な「コツコツドカン」の逆を意識していたため、大きな利益を狙いながらこまめに損切りする必要があります。

そして高いレバレッジでトレードしていたので、さらに注意して損切りしなくてはいけませんでした。

結局はマイルールを守れなかったことが要因とされています。

手法の再検証をする機会が無かった

トレードに活用する手法は、検証することで次のトレードに活かし、儲けられるようになります。

ハイレバレッジであれよあれよという間に大きな利益を得たことで、最初の方に決めていたマイルールを守れなくなり、大きな損失が出てしまいました。

トレードは、同じ手法でやらないと再検証できません。

検証ができないと、やっていた手法が正しいかどうかわかりません。

短期間で大きな利益を出せてしまったことが、裏目に出る結果になったと言えます。

GFF氏のFX手法まとめ

GFF氏のFX手法

GFF氏は、難しい手法や高度な分析が必要な方法で取引しているわけではありません。

誰でもできる手法を愚直に遂行し、高いレバレッジで相場に挑戦していました。

相場によって手法は合う合わないがありますが、GFF氏から学べることは多くあります。

成功した手法が今の相場に合うかはわかりませんが、GFF氏が失敗した要因を分析することでご自身の取引に活かしてください。

なお、以下の記事でおすすめの海外FX業者のランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者や各業者の特徴や評判を知りたい 海外FXと国内FXの違いや、メリットデメリットを知りたい 海外FX会社を選ぶ際の注意点を知りたい上記のように考えているかもし[…]