【2023年最新】ファクタリングおすすめランキング15選!安全・人気・即日可の大手優良業者を徹底比較

この記事を読んでいるあなたは、

  • ファクタリング業者のおすすめを知りたい
  • 人気のある優良ファクタリング会社を知りたい
  • ファクタリングの利用の流れや入金スピードを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「人気のある優良ファクタリング会社15選、各業者の手数料や入金スピード、審査の厳しさ」などをお伝えしていきます。

なお、おすすめの優良ファクタリング業者を以下の表にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリング会社名特徴公式サイト
ビートレーディングロゴ画像

ビートレーディング

  • 会社規模や買取実績が大きく、業界最大手のファクタリング会社である
  • 最短5時間で申込から入金が完了
  • 買取額に下限と上限がなく、幅広い取引に対応している
ビートレーディング公式
日本中小企業金融サポート機構ロゴ画像

日本中小企業金融サポート機構

  • 手数料が1%~10%と業界トップレベルの安さ
  • 審査通過率が95%と高確率で利用可能
  • オンラインで全工程が完了するため契約までスムーズにできる
日本中小企業金融サポート機構公式
アクセルファクターロゴ画像

アクセルファクター

  • 審査通過率が高く、審査が通りやすい
  • 請求書がなくても利用可能な場合がある
  • 条件を満たせば最長6か月先の請求書でも現金化できる
アクセルファクター公式
ベストファクターロゴ画像

ベストファクター

  • 顧客満足度が非常に高く初心者にもおすすめ
  • 完全なオンライン型ではないため、店舗に行く必要がある
  • 取引可能金額に下限がないため、小額から利用できる
ベストファクター公式
PAYTODAYロゴ画像

PAYTODAY

  • 最長3か月先の売掛債権も取引対象である
  • オンラインや電話のみの取引が可能でどこでも申し込みが可能
  • AIを活用した与信判断でスムーズに審査から入金が行われる
PAYTODAY公式
QuQuMoロゴ画像

QuQuMo

  • 業界トップクラスの最短2時間で入金が完了
  • 買取可能額に制限がなく大きな額の資金調達が可能
  • オンラインで全ての手続きが完了するためスピーディな取引ができる
QuQuMo公式
目次

ファクタリングおすすめ会社ランキング15選

ランキング

おすすめのファクタリング会社を紹介していきます。

ビートレーディング

ビートレーディング

出典:https://betrading.jp/

ビートレーディングは、入金スピードがや信頼と実績に定評があるファクタリング会社です。

ビートレーディングでは審査結果が平均30分以内に届き、申し込みから最短5時間で振込が完了されるため、すぐに現金を得ることができます。

さらにビートレーディングは現在累計買取債権額が900億円と、過去の取引数も業界最高峰に多く、信頼性が非常に高いファクタリング会社となっています。

そのため、ビートレーディングは信頼できる会社でいち早く現金が欲しいといった方におすすめのファクタリング会社です。

手数料2%~20%
入金スピード最短5時間
賠還請求権なし
利用可能額下限・上限なし
対応種類二社間、三社間、医療、介護
公式サイトビートレーディング公式

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

出典:https://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業金融サポート機構とは、手数料が業界トップレベルに安いファクタリング会社です。

日本中小企業金融サポート機構は営利目的で運営されていないため、手数料が1%~10%と安く設定されています。

また、日本中小企業金融サポート機構では手数料が最大で10%と設定されているため、ファクタリングにかかる最大の費用がわかりやすいといったメリットがあります。

このように、日本中小金融サポート機構は手数料が安くなっているため、手数料を抑えてファクタリングをしたいといった方におすすめです。

手数料1%~10%
入金スピード最短即日
賠還請求権なし
利用可能額下限・上限なし
対応種類二社間、三社間
公式サイト日本中小企業金融サポート機構公式

アクセルファクター

アクセルファクター

出典:https://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターとは、審査通過率が非常に高いファクタリング会社です。

アクセルファクターは審査通過率が他のファクタリング会社と比べて93%と非常に高くなっています。

そのため、過去に他のファクタリング会社で断られたものの、アクセルファクターでは通ったといった事例がありました。

このようにアクセルファクターは審査が通りやすいため、審査のハードルが低いファクタリング会社を探している人におすすめです。

手数料2%~
入金スピード最短即日
賠還請求権なし
利用可能額下限なし~1億円
対応種類二社間、三社間
公式サイトアクセルファクター公式

ベストファクター

ベストファクター

出典:https://bestfactor.jp/

ベストファクターとは、株式会社アレシアが運営している、評判が良く顧客満足度が高いファクタリングサービスです

ベストファクターは日本トレンドリサーチが行った調査で「ファクタリング会社支持率」や「経営者に紹介したいファクタリング会社」の両方の部門で一位を獲得しており、こ客満足度が高いといった特徴があります。

そのため、ベストファクターは安心して利用することができ、実績のある評判の良い会社でファクタリングをしたいといった人におすすめです。

手数料2%~20%
入金スピード最短即日
賠還請求権なし
利用可能額30万円~1億円(1億以上は要相談)
対応種類二社間、三社間
公式サイトアクセルファクター公式

PAYTODAY

PAYTODAY

出典:https://paytoday.jp/

PAYTODAYとは、Dual Life Partners株式会社が運営しているファクタリング会社です。

PAYTODAYは買取対象の売掛債権の幅が広いといった特徴があります。

通常のファクタリング会社では支払期限が30日~45日先までの売掛債権が買い取り対象になりますが、PAYTODAYでは支払期限が90日後の債権も買い取りに対応しています。

そのため、支払期限が先の売掛債権でファクタリングしたい人にPAYTODAYはおすすめです。

手数料1%~9.5%
入金スピード最短即日
賠還請求権なし
利用可能額10万円~5,000万円
対応種類二社間、三社間
公式サイトPAYTODAY公式

QuQuMo

QuQuMo

出典:https://ququmo.net/

QuQuMoは完全オンラインで契約が完了するファクタリングサービスです。

QuQuMoではオンラインで全ての手続きや契約が完了するため、入金までをスピーディーに行うことが可能です。

QuQuMoでは申し込みから2時間で入金される事例も多くあり、とにかく早く現金が欲しいといった人にもおすすめのファクタリングサービスとなっています。

手数料1%~14.8%
入金スピード最短2時間
賠還請求権なし
利用可能額下限・上限なし
対応種類二社間、三社間
公式サイトQuQuMo公式

labol(ラボル)

labol

出典:https://labol.co.jp/

labol(ラボル)とは個人事業主や小規模事業者向けのファクタリングサービスです。

labolは入金スピードが業界トップクラスに早く、振り込みが最短1時間で完了するといった特徴があります。

また、labolは1万円からファクタリングを利用することが可能なため、小額でもいいからとにかく早く現金を調達したいといった個人事業主の方などにおすすめです。

手数料10%
入金スピード最短60分
賠還請求権なし
利用可能額1万円~上限なし
対応種類二社間
公式サイトlabol公式

ペイトナーファクタリング(旧yup 先払い)

ペイトナーファクタリング

出典:https://paytner.co.jp/factoring

ペイトナーファクタリングとはフリーランスや個人事業主に特化しているファクタリングサービスです。

ペイトナーファクタリングでは請求書の金額以内であれば取引金額を選択することが可能です

例えば、ペイトナーファクタリングで必要最低限の金額を選択し、先払いしてもらうことで、他のファクタリング会社で取引した場合よりも抑えることができます。

このように、ペイトナーファクタリングは少額のお金が欲しい方にも柔軟に対応しているため、生活資金や仕入資金が足りない人などにおすすめです。

手数料10%
入金スピード最短10分
賠還請求権なし
利用可能額1万円~100万円
対応種類二社間
公式サイトペイトナーファクタリング公式

anew(アニュー)

anew

出典:https://www.a-new.co.jp/

anewとは、新生銀行とOLTAが運営するオンライン完結型のファクタリングサービスです。

anewはコストを抑えてファクタリングができるといった特徴があります。

他のファクタリング会社では最大手数料が10%を超えているところが多いですが、anewでは最大手数料が9%と安く固定されています。

そのため、anewは確実にコストを抑えてファクタリングしたい方におすすめのファクタリングサービスです。

手数料2%~9%
入金スピード最短即日
賠還請求権なし
利用可能額下限・上限なし
対応種類二社間
公式サイトanew公式

TRY(トライ)

TRY

出典:https://sko-tokyo.com/

TRYは、手数料や入金スピード、調達可能金額のすべてにおいてバランスの良いファクタリングサービスとなっています。

また、TRYはファクタリングだけでなくコンサルティングサービスも行っており、経営に関する相談をすることも可能です。

そのため、TRYは新しい仕事や事業展開について考えている人におすすめのファクタリングサービスです。

手数料5%~
入金スピード最短即日
賠還請求権なし
利用可能額10万円~5,000万円(5,000万円以上は要相談)
対応種類二社間
公式サイトTRY公式

FREENANCE(フリーナンス)

FREENANCE

出典:https://freenance.net/

FREENANCE(フリーナンス)とは、GMOグループが運営している、フリーランスに特化しているサービスです。

FREENANCEは口座を登録することでサービスを利用することができ、口座のスコアをアップさせることで、利用額を上昇させたり手数料を低下させたりすることができます。

FREENANCEではファクタリングサービスの他にもフリーランス向けの保険サービスも行っており、フリーランスの人におすすめなサービスとなっています。

手数料3%~10%
入金スピード最短即日
賠還請求権なし
利用可能額10万円~5,000万円
対応種類二社間、三社間
公式サイトFREENANCE公式

ウィット

ウィット

出典:https://witservice.co.jp/

ウィットとは法人と個人事業主の両方に対応しているファクタリングサービスです。

ウィットは最短2時間で入金することができ、初回利用でも電話一本で資金調達をすることができます。

そのため、ウィットでは隙間時間を使っていち早く売掛債権を現金化することが可能です。

手数料5%~
入金スピード即日可能
賠還請求権なし
利用可能額30万円~500万円(500万円以上は要相談)
対応種類二社間、三社間
公式サイトウィット公式

GMO BtoB早払い

GMO BtoB先払い

出典:https://www.gmo-pg.com/lpc/hayabarai/

GMO BtoB早払いとは大手企業であるGMOグループが運営しているファクタリング会社です。

GMO BtoB早払いは利用可能金額が100万円からで個人事業主やフリーランスの方にとっては高い金額になっています。

しかし、GMO BtoB早払いは大手企業が運営していることやリピート率が86%以上であることから、信頼性や安全性に長けたファクタリング会社となっています。

そのため、GMO BtoB早払いは初めてファクタリングをする方も安心して利用でき、信頼性を重視する方におすすめなファクタリング会社です。

手数料1%~12%
入金スピード最短2営業日
賠還請求権なし
利用可能額100万円~1億円
対応種類二社間
公式サイトGMO BtoB早払い公式

OLTA(オルタ)

OLTA

出典:https://www.olta.co.jp/

OLTA(オルタ)とは完全オンライン型のファクタリングサービスです。

OLTAは完全オンライン型であるため、申し込みから、書類の提出、審査、振り込みまですべての手続きをネットで完了することができます。

そのため、OLTAは通勤時間などの隙間時間でファクタリングを利用することができ、気軽に申込をすることが可能です。

手数料2%~9%
入金スピード即日入金
賠還請求権なし
利用可能額下限・上限なし
対応種類二社間、三社間
公式サイトOLTA公式

ファクタリング会社の比較ポイント

選び方

ファクタリング会社の比較ポイントを解説していきます。

買取可能な売掛金額がいくらか

ファクタリング会社を選ぶ際はファクタリング会社の買取可能な売掛金額がいくらか確認するようにしましょう。

ファクタリング会社によって買取可能な金額が異なり、買取可能金額を100万円以上に設定している会社や2,000万円以下に設定している会社があります。

もし、ファクタリング会社の買取可能金額が自分の希望している買取希望金額でない場合は契約することができません。

そのため、ファクタリング会社を選ぶ際は買取可能金額が自分の希望買取価格に対応しているか確認する必要があります。

手数料が安いかどうか

ファクタリング会社を選ぶ際は手数料が安いかどうかを選ぶようにしましょう。

二社間ファクタリングを利用する場合は1~9%、三社間ファクタリングを利用する場合は15~30%の手数料がかかります。

このように形式や会社によって手数料が大きく変わるため、コストを抑えたい方は手数料が安いとことを選ぶようにしましょう。

入金までのスピードが早いか

ファクタリングの会社を選ぶ際は入金までのスピードが早いところを選ぶようにしましょう。

ファクタリング会社には即日入金する業者もあれば翌月に入金する業者もあります。

このように会社によって入金スピードが異なり、入金が遅い会社と契約してしまった場合、急ぎで現金が欲しいのにもかかわらずなかなか現金が手に入らないこともあります。

そのため、すぐに現金が欲しい場合は入金までのスピードが速い業者を選ぶようにしましょう。

償還請求権がないか

ファクタリングの会社を選ぶ際は償還請求権がないところを選ぶようにしましょう。

償還請求権とは売掛金が回収できなかった場合にファクタリング会社が利用者に請求できる権利のことです。

そのため償還請求権がない契約では、契約後にリスクを負う必要がなくなるので、償還請求権がないファクタリングの会社を選ぶようにしましょう。

信頼性のある安全な業者かどうか

ファクタリングの業者を選ぶ際は、信頼性のある安全な業者を選ぶようにしましょう。

ファクタリングの業者の中には詐欺のようなことを行う悪徳業者も存在します。

信頼性のある会社のホームページには会社の所在地や代表者名などが記載されているため、それを確認して選ぶようにしましょう。

今回紹介しているファクタリング業者は全て信頼性があり、安全に利用できるためおすすめです。

ファクタリングとは

ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債権を早めに現金に換えることができる資金調達法です。

売掛債権とは取引先や顧客から支払いを受け取ることができる権利のことで、通常では売掛債権の所有者は顧客が売掛金を支払うまで待つ必要があります。

しかし、ファクタリングを利用すれば、売掛債権をファクタリング業者に売ることができ、売掛金から手数料を抜いた値段を受け取ることができます。

このようにファクタリング会社を利用することで予定より早く現金が手に入るため、すぐに急に現金が必要になった人や現金が必要な人にファクタリングはおすすめです。

ファクタリングの種類

ファクタリングには、

  • 二社間ファクタリング
  • 三社間ファクタリング

の2つの種類があります。

それぞれ以下のような特徴があります。

二社間ファクタリング三社間ファクタリング
特徴ファクタリング会社と売掛債権を売りたい者の二者間で行われるファクタリング会社と売掛債権を売りたい者、支払い義務がある者の三者間で行われる
メリット現金化まで時間がかからない手数料が安い
デメリット手数料が高くなる現金化に時間がかかる

ファクタリングのメリット

メリット

ファクタリングのメリットを解説していきます。

即座に現金を用意できる

ファクタリングは即座に現金を用意できるといったメリットがあります。

金融機関の融資の場合、一定期間の審査が必要になり、急な資金作りをすることが困難です。

しかし、ファクタリングの会社によっては即日で入金することが可能な会社もあるため、急な出費にも対応ができるといったメリットがあります。

審査のハードルが低い

ファクタリングは他の金融機関に比べ、審査のハードルが低いといったメリットがあります。

他の金融機関でお金を借りる場合、提出する書類が多く利用者の経済状況によっては審査を落とされることがあります。

しかし、ファクタリングは審査対象を売掛先の企業にしており、売掛先の企業の経営状況が問題なければ審査を容易に通ることができます。

そのため、利用者の財務状況が悪い場合でも、審査が通ることが多く、審査のハードルが低くなっています。

保証人や担保が必要ない

ファクタリングには保証人や担保が必要ないといったメリットがあります。

本来、金融機関でお金を借りる場合は保証や担保を用意する必要があり、契約するまでに時間がかかるケースがあります。

しかし、ファクタリングは借入や融資ではないため、保証人や担保が必要なく、契約までスムーズに行えます。

ファクタリングのデメリット

デメリット

ファクタリングのデメリットを紹介します。

稀に悪徳業者が存在することがある

ファクタリングの会社には稀に悪徳業者が存在するといったデメリットがあります。

ファクタリング会社は基本的には安全に利用がすることができますが、利用者をだまして不当な金額を請求してくるような悪質な業者も存在します。

もし、悪徳業者と契約してしまった場合は弁護士などに相談するようにしましょう。

また、悪徳業者を選ばないように実績や契約書の内容を細かく確認するようにしましょう。

業者に手数料を払う必要がある

ファクタリングのデメリットとして業者に手数料を払う必要があることが挙げられます。

ファクタリングの会社は売掛金の1~30%を手数料として受け取っており、売掛金額によっては大きな出費になります。

なるべく、多くの金額を必要とする場合は手数料が安い業者を選ぶようにしましょう。

ファクタリング会社を利用する際の流れ

流れ

ファクタリング会社を利用する際の流れについて解説していきます。

ファクタリング業者に相談する

初めに利用するファクタリング業者に事前相談しましょう。

ファクタリング業者に申し込む前にまずは事前相談する必要があります。

この相談で自分が所有している売掛債権の買取をすることができるのか見込みを知ることができます。

ファクタリングを申し込む

ファクタリングの相談をし、取引の内容に納得出来たら次に申し込みをしましょう。

ファクタリングの申し込みはネットや電話で出来るところも多いため、すぐに申し込むことができます。

申し込み後はキャンセルするのが難しいケースが多いため、契約内容を細かく確認するようにしましょう。

書類を提出して審査を待つ

次に必要な書類を提出し、審査を待ちましょう。

ファクタリングの際には法人登記簿謄本や印鑑証明書、身分証明書や売掛金証明書類などが必要になります。

ファクタリングの会社によっては必要な書類が異なるため、早めに現金を用意したい場合は申し込む前に必要書類を確認し、揃えておくようにしましょう。

契約後に現金化~入金完了

審査が通過したら、最後に契約して入金されるのを待ちましょう。

契約の際には契約内容を細かく確認し、双方が納得のいく内容にすることが重要です。

また、契約の終了後には契約書の控えが人数分用意されており、それを安全な場所に保管しておく必要があります。

ファクタリングの会社によっては契約後当日で入金してくれるところもあり、すぐに現金を用意することも可能です。

ファクタリング会社を利用する際の注意点

注意点

ファクタリング会社を利用する際の注意点について解説します。

悪質なファクタリング業者に注意する

ファクタリング会社と契約する際は悪質な業者に注意するようにしましょう。

悪質なファクタリング会社と契約してしまった場合は詐欺の被害にあってしまう可能性があります。

悪質なファクタリングの場合、調べた際に実績や運営会社などの情報が表示されないことが多いため、事前に実績や運営会社を調べることで悪質な業者を避けることができます。

このように、申し込みを考えているファクタリング会社を調べるなどして悪質な業者に注意するようにしましょう。

この記事で紹介しているファクタリング会社は全て優良企業であるため、安心して利用することができます。

契約書を無くさないよう保管しておく

ファクタリング会社を利用した際は、契約書を無くさないよう保管しておきましょう。

もし、契約書を紛失してしまった場合はトラブルが起きた時に不利な立場になってしまいます。

このように契約書を紛失した場合はトラブルに巻き込まれることがあるため、無くさないように金庫などに保管するようにしましょう。

契約内容を細かく確認する

ファクタリング会社との契約内容を細かく確認するようにしましょう。

もし、契約内容を細かく確認することを忘れてしまうと、確認漏れで不利な契約を結んでしまう可能性があり、多めに手数料を取られたり、契約を解除できなかったりします。

このように契約書の確認不足で不利な契約を結ばないために、契約書類はしっかり確認するようにしましょう。

ファクタリングに関するよくある質問

質問

ファクタリングに関するよくある質問について解説していきます。

個人事業主におすすめのファクタリング会社は?

個人事業主がファクタリングする場合、フリーランス向けのファクタリング業者であるペイトナーファクタリングがおすすめです。

ペイトナーファクタリングはオンラインで全ての手続きをすることができ、最短10分で振込まで終えることが可能です。

そのため、とにかく早く現金を用意したい方にもおすすめのフリーランス向けファクタリング会社となっています。

即日で審査なしのおすすめのファクタリング会社は?

結論から言うと審査なしでファクタリングを利用することはできません。

ファクタリングではファクタリング会社が売掛金を回収する必要があり、売掛金の回収をできるか確認するため、審査する必要があります。

しかし、審査が緩い会社は存在し、もし審査が緩い会社でファクタリングをするならビートレーディングがおすすめです。

ビートレーディングはファクタリング申込書と通知コピー、成因資料の3点の書類だけで審査をすることができ、審査通過率が98%以上あるファクタリング会社となっています。

このように、ビートレーディングは審査が非常に通りやすくなっているファクタリング会社であるため、もし、審査が緩いファクタリング会社を選びたい人はビートレーディングがおすすめです。

給料ファクタリングのおすすめの会社は?

結論から言うと、給料ファクタリングの会社は存在しません。

給料ファクタリングは法的な問題により、現在すべての業者が廃業となっています。

しかし、給料ファクタリングに変わる現金化業者は存在し、今回はその業者を紹介します。

もし、すぐに現金が欲しい場合はあしすとペイを利用することがおすすめです。

あしすとペイとは、最短15分で現金を入手することができる即日現金化サービスのことです。

そのため、あしすとペイを利用することで給料ファクタリングを利用せずとも即日で現金を入手することができます。

ファクタリングは違法?安全?

ファクタリングは合法な資金調達方法です。

ファクタリングは売掛債権を譲渡することで資金を得る方法の一つであり、法律では「売掛債権を売り渡すことができる」と記載されています。

そのため、ファクタリングは全く違法ではない資金調達法の一つになります。

このようにファクタリングが合法ですが、過去に一部のファクタリング業者が違法な取引を行ったことが有名になったため、ファクタリングが違法と勘違いしている人が多いようです。

ファクタリング会社の審査は甘いの?

ファクタリングは審査が甘いです。

ファクタリングは売掛先からお金を徴収するため、売掛先の信頼性が重要であり、売掛先に対して重点的に審査を行います。

それに対し、利用者は売掛先から入金された後に手数料のみを支払えばいいため、利用者の経済状況を問う必要がありません。

そのため、利用者の経済状況に関係なく契約を行えるため、審査が甘くなっています。

ファクタリングのおすすめ業者まとめ

まとめ

この記事では「「人気のある優良ファクタリング会社15選、各業者の手数料や入金スピード、審査の厳しさ」」などをお伝えしました。

ファクタリング会社を選ぶ際は、自分に合ったファクタリング会社や悪質ではない業者を選ぶことが重要です。

この記事で紹介しているファクタリング会社は全て安心して利用できる優良企業であるため、ファクタリング会社に迷った際はぜひこの記事を参考にしてみてください。