【2023最新】火災保険申請代行サポートおすすめランキング7戦!選び方や評判、特徴や利用した際の流れを解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • おすすめな火災保険代行サポートを知りたい
  • 火災保険代行サポートの選び方やメリット・デメリットを知りたい
  • 火災保険サポートを利用した際の流れや違法なのかを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「おすすめの火災保険代行サポートや選び方、評判や利用方法」などをお伝えしていきます。

おすすめな火災保険申請代行サポートを表にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

申請代行サポート名特徴公式サイト
シラベルロゴ

シラベル

  • 完全報酬型で保険金が下りなければ手数料を支払う必要がない
  • 手数料が保険金の30%で業界最高峰レベルで安い
  • 平均受給率が90%超えで信頼と実績がある
シラベル公式
ミエルモロゴ

ミエルモ

  • 国内トップクラスの実績を誇り、信頼がある
  • サポート対応が丁寧でスピーディに対応してもらえる
  • 完全成功報酬型のため、低リスクで依頼することができる
ミエルモ公式
お家のドクター.comロゴ

お家のドクター.com

  • 修繕まで依頼すると申請代行サポートが実質無料になる
  • 実績件数が10,000以上あり実績があるため安心して利用できる。
  • 全国対応しているためどこでも依頼ができる。
お家のドクター.com公式
火災保険申請事務局ロゴ

火災保険申請事務局

  • 被災発見率と保険認定率がともに90%超え
  • 条件を満たせばAmazonカード1万円分が受け取れる
  • 日本マーケティングリサーチ機構による調査でお客様満足度No.1を獲得している
火災保険申請事務局公式
損害保険申請サポートロゴ

損害保険申請サポート

  • 平均受給金が122万円で高めな保険金を受け取れる
  • 手数料が40%と少し高めである
  • 実績件数が13,000件超えで完全報酬型のため安心して利用できる
損害保険申請サポート公式
保険請求の窓口ロゴ

保険請求の窓口

  • 株式会社が運営しており、弁護士が監修しているため信頼がある
  • 無料で自宅調査をすることができる
  • 手数料が保険金の50%と高い
保険請求の窓口公式
火災保険のナビロゴ

火災保険ナビ

  • 受給率と平均報酬率が高く、高確率で大きな保険金を受け取ることが可能
  • 弁護士と一級建築士による業務協力で安心して利用できる
  • 完全報酬制なため、無料で相談ができる
火災保険ナビ公式
目次

火災保険申請代行サポートおすすめランキング7選

おすすめランキング

おすすめの火災保険の申請代行サポートを解説していきます。

シラベル

シラベル

出典:https://www.hoken-shiraberu.xyz/

シラベルは、リスクとコストを抑えることができ、業界最高レベルの信頼と実績がある火災保険申請代行サポートです。

シラベルは完全成果報酬型を採用しており、保険金が下りるまでは手数料を払う必要がないです。

そのため、シラベルで調査をして書類を作成・申請しても保険金が下りなければお金を支払う必要がなく、気軽に申し込むことができます。

さらに、シラベルの手数料は保険金の30%と非常に安くコストを抑えることもできます。

シラベルでは、過去にサポートした件数が4,000件以上かつ審査の通貨率が90%以上なため、実績があり安心して利用することもできる火災保険申請代行サポートです。

手数料30%
対応エリア関東
実績件数4,000件以上
保険金の制限制限なし
平均受給金記載なし
公式サイトシラベル公式

ミエルモ

ミエルモ

出典:https://www.hoken-shiraberu.xyz/

ミエルモは実績と信頼がある火災保険申請代行サポートです。

ミエルモは日本トレンドリサーチが実施した調査で、「口コミ人気」「人気率満足度」「認定額満足度」の三項目で一位を獲得している火災保険申請代行サポートです。

また、年間実績件数が5,000件を超えており、業界トップクラスの実績がある大手火災保険申請代行サポートです。

さらに、ミエルモは完全成功報酬型であり、調査や相談を無料できるため、低リスクでサポートを依頼することも可能です。

手数料33%
対応エリア全国(離島を除く)
実績件数年間5,000件以上
保険金の使用用途制限なし
平均受給金100万円以上
公式サイトミエルモ公式

お家のドクター.com

お家のドクター.com

出典:https://ouchino-doctor.com/

お家のドクター.comとは、株式会社Fremoが運営している修復個所の修理まで行ってくれる火災保険申請代行サポートです。

お家のドクター.comは修復個所の修理まで行っているため、保険金を受け取った後にそのまま修復工事を依頼できるため、修復までスムーズに行うことができます。

お家のドクター.comを火災保険申請代行サポートとして利用した場合、保険金の約40%を手数料として支払う必要がありますが、修繕までお家のドクター.comに依頼する場合はその手数料代も修繕費に回すことができ、実質無料で申請代行サポートをしてもらうことができます。

また、お家のドクター.comは完全報酬型で、もし審査が通らなかった場合は手数料がかからないため、リスクを抑えることもできます。

手数料39.8%
対応エリア全国
実績件数10,000件以上
保険金の使用用途制限なし
平均受給金100万円
公式サイトお家のドクター.com公式

火災保険申請事務局

火災保険申請事務局

出典:https://appli-c.com/kasaihoken3/

火災保険申請事務局は実績件数が多く、受給率も非常に高くなっている火災保険申請代行サポートです。

火災保険申請事務局には被災発見率と保険認定率がともに90%超えているといった特徴があります。

そのため、火災保険申請事務局は他の業者と比べ、より多くの被害箇所を見つけ、多額の保険金を受け取ることができます。

しかし、火災保険申請事務局の公式HPには手数料が記載されていないため、お問い合わせから電話で聞く必要があります。

手数料記載なし
対応エリア全国(一部地域除く)
実績件数10,000件以上
保険金の使用用途制限なし
平均受給金104万円
公式サイト火災保険申請事務局公式

損害保険申請サポート

損害保険申請サポート

出典:https://songaihoken-support.com/

損害保険申請サポートは信頼性が非常に高い火災保険申請代行サポートです。

損害保険申請サポートは平均受給金が122万円で、実績件数が13,000件あるため実績と信頼があります。

また、損害保険申請サポートは完全報酬型で手数料を支払うため、安心して利用できます。

惨害保険申請サポートは手数料が40%と少し高めなため、信頼性や安全性を重視したい方におすすめです。

手数料40%
対応エリア全国
実績件数13,000件
保険金の使用用途自由
平均受給金122万円
公式サイト損害保険申請サポート公式

保険請求の窓口

保険請求の窓口

出典:http://hoken-mado.jp/

保険請求の窓口とはValores株式会社が2019年に開始した火災保険申請代行サポートです。

保険請求の窓口は株式会社によって運用されており、弁護士が監修しているため信頼性があります。

また、保険請求の窓口は自宅調査を無料で行うことができるため、保険に適用されるかわからない損害箇所を気軽に調査することができます。

このように、保険請求の窓口は気軽に安心して申請代行サポートを依頼することができますが手数料が50%と少し高くなっているため、安全性を重視したい方におすすめです。

手数料50%
対応エリア全国
実績件数10,000件以上
保険金の使用用途記載なし
平均受給金100万円
公式サイト保険請求の窓口公式

火災保険ナビ

火災保険のナビ

出典:https://kasai-hoken-navi.com/

火災保険ナビは全国に対応している1年間当たり2,000件の実績がある火災保険申請代行サポートです。

火災保険ナビは受給率と平均受給金が非常に高く、受給率が97%、平均受給金が143万円以上あります。

そのため、手数料が保険金の40%と少し高めに設定されていますが、大きな金額を修復に利用することができます。

また、完全成功報酬型であり、弁護士と一休建築士による業務協力をしているため、安全に低リスクで利用できます。

手数料40%
対応エリア全国
実績件数年間2,000件
保険金の使用用途制限なし
平均受給金143万円
公式サイト火災保険ナビ公式

火災保険申請代行サポートの選び方

選び方

火災保険申請代行サポートの選び方を解説していきます。

悪徳業者ではないか

火災保険申請代行サポートを選ぶ際は、その業者が悪徳業者ではないか確認しましょう。

火災保険の申請代行を名乗っている詐欺業者は年々増加しており、一度の被害で数百万円単位の被害が出てしまうこともあります。

過去には、悪徳業者との契約を取り消す際に不当なキャンセル料を要求することで大金をだまし取られたといった事例もありました。

このように、悪徳業者に引っかからないように、火災保険申請代行サポートを選ぶ際は実績や資格を確認するようにしましょう。

手数料が安いか

火災保険申請代行サポートを選ぶ際は手数料が安いところを選ぶようにしましょう。

多くの火災保険の申請代行サポート業者は、受け取れた保険金額の一定の割合の金額を手数料に設定しています。

このように、手数料が安ければ安いほど多くの保険金を受け取ることができますが、業者によっては手数料を保険金の一定の割合に設定しておらず、他の項目から手数料を請求してくる可能性があります。

そのため、火災保険申請代行サポートを選ぶ際は手数料のシステムをしっかり確認したうえで手数料が安いところを選ぶようにしましょう。

自分の地域が対応しているか

火災保険の申請代行業者が自分の地域に対応しているところを選びましょう。

火災保険の申請代行サポートを利用する場合、自宅の調査をしてもらいう必要があるため、業者によっては一部の地域でサービスに対応していいないこともあります。

そのため、火災保険申請代行サポートを選ぶ際は自分の地域が対応しているか選ぶようにしましょう。

保険金の使い道が制限されていないか

火災保険申請代行サポートを選ぶ際は保険金の使い道が制限されていないか確認するようにしましょう。

火災保険申請代行サポートによっては、受け取った保険金の使い道が制限されているところがあります。

その場合は修繕を終え、余った保険金を自由に使いたいが、サポート業者との契約によって自由につかえないといったことが起きます。

そのため、代行サポートを選ぶ際はもらった保険金を自由に使えるように使い方の制限を確認するようにしましょう。

平均受給額が高いか

火災保険申請代行サポートを選ぶ際は平均受給額が高いところを選ぶようにしましょう。

平均受給額とは保険会社から受け取ることができる金額のことで、災害や損傷の大きさによって決まります。

申請代行のサポート業者は専門家によって自宅の調査が行われるため、自分で申請する場合だと見抜くことができないような細かい箇所も申請することができます。

そのため、サポート業者の平均受給額が高いところは破損個所を見つける技術があり、大きな金額を保険金として受け取ることができます。

平均受給金額が高い代行サポートを選ぶことで申請漏れをなくし、保険金の金額をより多く受け取れるようにしましょう。

火災保険申請代行サポートとは

火災保険申請代行サポート

火災保険申請代行サポートとは、火災保険の申請をする際にサポートしてくれる業者のことです。

火災保険は、火災や台風などで家や家財、衣類に損害が出てしまった場合に、被害にあった箇所を申請することで保険金を受け取ることができます。

その申請には、自分で被害個所を探し複雑な書類にまとめる必要があり、素人がする場合は申請漏れや書類作成が上手くいかないことがよくあります。

そこで、火災保険申請代行サポートに依頼することで、書類作成作業を代行してもうことやサポートしてもらうことができます。

火災保険申請代行サポートのメリット

メリット

火災保険申請代行サポートのメリットを解説していきます。

申請にかかる時間や手間を省ける

火災保険申請代行サポートを利用することで申請にかかる時間や手間を省くことができます。

自分で火災保険の申請をする場合は破損個所を見つけ、それを申請する際に書類にまとめる必要がありますが、申請書類が複雑なため、初めて申請する方は時間がかかってしまいます

しかし、火災保険申請代行サポートに依頼すれば、破損個所の調査から申請書類の作成までを専門家に頼むことができるため、時間や手間を省くことができます。

保険金の使用用途の制限が緩い

火災保険申請代行サポートには保険金の使用用途の制限が緩いといったメリットがあります。

火災保険によって受け取ることができた保険金のため、被害箇所の修理に利用しなければいけないと思われがちですが、保険金は自由に使うことができます。

そして、火災保険申請代行サポートを通して得ることができた保険金も同様に自由に使えるところが多いですが、火災保険申請代行サポートによっては使用用途が制限されているところもあります。

今回紹介した火災保険申請代行サポートではお金の使い道が自由なため、余った保険金は食事や趣味に利用することができます。

自分で行う場合より保険金が多くなることがある

火災保険申請代行サポートを利用すると、自分で申請する場合より保険金が多くなることがあります。

自分で申請する際は被害箇所の調査を自分で行う必要があるため、慣れていない場合は被害箇所を見逃して申請漏れしてしまう可能性があります。

しかし火災保険申請代行サポートを利用した場合はプロの業者が調査を行うため、被害箇所の見逃しが少なくしっかりと申請してもらうことができます。

火災保険の保険金は被害の大きさによって決まり、このようにプロの業者が申請を行うことで申請漏れがなくなるため、自分で行う場合より受け取れる保険金が多くなることがあります。

火災保険申請代行サポートのデメリット

デメリット

火災保険申請代行サポートのデメリットを紹介します。

手数料が発生する

火災保険申請代行サポートを利用すると、手数料が発生してしまうといったデメリットがあります。

自分で申請する場合は保険金を全て自分で受け取ることになりますが、火災保険申請代行サポートを利用する場合は受け取った保険金の30~40%を手数料として業者に支払う必要があります。

そのため、保険金で100万円をうけとった場合は30~40万円といった大きな金額を支払う必要があるため、依頼する際は手数料が申請にかかる手間に見合うのか考えることが重要です。

悪徳業者が存在する

火災保険申請代行サポートには一部悪徳業者いるといったデメリットがあります。

火災保険申請代行サポートを名乗って詐欺のような手口で大金をだまし取る業者や気づかぬうちに犯罪に加担させるような業者がいます。

そのような業者は調べても出てこなかったり、調べた時に実績が視られなかったりすることが多いです。

そのため、火災保険申請代行サポートを選ぶ際は業者についてしっかり調べ、実績があるか確認するようにしましょう。

今回紹介した火災保険申請代行サポートは実績があり、悪徳業者ではないため安心して利用できます。

一部地域に対応していないことがある

一部の地域に対応していない火災保険申請代行サポートもあるため、注意が必要です。

火災保険申請代行サポートには地域によって対応していない可能性があり、沖縄や離島に対応していないことがよくあります。

そのため、火災保険申請代行サポートを選ぶ際は自分が住んでいる地域に対応しているか確認するようにしましょう。

火災保険申請代行サポートの利用する際の流れ

流れ

火災保険申請代行サポートの利用する際の流れを解説します。

火災保険申請代行サポートに連絡する

まず、選んだ火災保険申請代行サポートに連絡します。

連絡の際に被害の大きさや場所を伝え、現地調査の日程を決めます。

火災保険申請代行サポートによってはネット上で家の情報や被害の規模などの必要事項を記入することで業者に無料で相談できるところもあるため、見積もりや保険金の予想が知りたい方は無料相談するのもおすすめです。

現地調査を行う

次に火災保険申請代行サポートによって現地調査が行われます。

現地調査とは火災保険申請代行サポートが自宅に訪問し、被害状況を確認します。

この際に申請する書類に提出するための写真を撮影することもあります。

保険会社に書類の申請をする

次に火災保険申請代行サポートが保険会社に申請するための書類を作成します。

この申請に提出する書類では被害の状況や理由について書き込みます。

基本的には火災保険申請代行サポートが作成をしてくれますが、記入個所によっては依頼者が記入する必要があります。

必要書類の記入を終えたら保険会社に書類の提出をして申請が完了します。

保険会社の審査を待つ

申請が終わると審査結果を待ちましょう。

審査の際に保険会社が被害状況に応じた保険金の計算や書類の信憑性の確認作業を行います。

もし、書類に疑わしいところがあった場合、保険会社から調査員が派遣され、自宅の被害箇所の確認が行われます。

保険会社によって変わりますが、審査には平均で一か月ほどかかります。

保険金を受け取る

最後に審査が通ると保険会社から保険金を受け取ることができます。

火災保険の保険金は保険法によって30日以内に支払うことが義務付けられています。

しかし、特別な対応や調査が必要な場合は30日以上経過する可能性があり、その場合は遅延損害金が支払われることがあります。

保険金を受け取ったら火災保険申請代行サポートに手数料を支払い、損害箇所の修復を行いましょう。

火災保険申請代行サポートに関するよくある質問

質問

火災保険申請代行サポートに関するよくある質問について解説します。

火災保険の申請代行は違法?

火災保険の申請代行は違法ですが、火災保険の申請代行サービスを利用するのは違法にはなりません。

被保険者が他者に火災保険の申請を行うことは法律で禁止されていますが、申請書類の作成を他者に依頼することは法律で禁止されていません。

火災保険申請代行サポートは申請する書類の作成のみを行い、保険金の申請は被保険者自身が行うため違法にはなりません

火災保険の申請代行サポートでトラブルは起こる?

悪徳業者を選んでしまった場合、火災保険の申請代行でトラブルが起こりえます。

実績がある詐欺業者ではない業者ではトラブルはめったにありませんが、悪徳業者を選んでしまった場合はトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります

例えば、契約した際に手数料の説明がなく、保険金が下りたあとで多額の請求をされトラブルに発展した例などがあります。

そのため、契約の際に手数料や報酬料金などについて明確に記載されていない業者は注意する必要があります。

火災保険の申請は自分でできる?

火災保険の申請は自分で行うことができます。

しかし、自分で申請を行う場合は損害箇所の確認や申請書類の作成を自分で行う必要があり、慣れていないと時間と手間がかかってしまいます。

そのため、時間があまりない方や申請書類の作成に慣れていない方は火災保険申請代行サポートに依頼するのがおすすめです。

火災保険申請代行サポートの成功報酬の相場は?

火災保険申請代行サポートの成功報酬の相場はおよそ30~40%になっています。

火災保険申請代行サポートには初期費用と成功報酬の二つの手数料があります。

初期費用は、調査代金として支払う必要がある料金のことで、業者によっては初期費用を無料にしているところもあり、今回紹介している業者の多くは初期費用が無料です。

次に成功報酬とは保険金を得ることができた際に支払う必要がある手数料のことで、多くの業者は保険金の30~40%を成功報酬にしています。

火災保険申請代行サポートの特徴や評判、利用方法まとめ

まとめ

この記事では「おすすめの火災保険代行サポートや選び方、評判や利用方法」などについてお伝えしました。

火災保険申請代行サポートにはメリット・デメリットがあり、業者によっては悪徳なところもあるとわかりました。

この記事で紹介している火災保険申請代行サポートは実績があり、安心して利用することができるので、火災保険申請代行サポートに迷ったときはこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。