XM Tradingの入金方法を解説!目的別のおすすめ入金手段や入金できない時の対処方も紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • XMのおすすめの入金方法を知りたい
  • XMの入金ルールを知りたい
  • XMの入金できないときの対処法を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「XMの入金方法や目的別のおすすめの入金方法などをお伝えしていきます。

なお、以下の記事でおすすめの海外FX業者のランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者や各業者の特徴や評判を知りたい 海外FXと国内FXの違いや、メリットデメリットを知りたい 海外FX会社を選ぶ際の注意点を知りたい上記のように考えているかもし[…]

XM(XMTrading)の入金方法の概要

XM 入金方法

XMの入金方法の概要を解説します。

全ての入金方法で入金手数料無料

XMで利用できる入金方法は、以下の5種類です。

  • 国内銀行送金(日本)
  • クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックぺイ)
  • BXONE(ビーエックスワン)

すべての入金方法で、XMでは手数料を原則廃止しています。

手数料を原則廃止としているのは、一部の条件において、手数料が発生することがあるからです。

手数料が発生する条件は、国内銀行送金(日本)を利用して1万円未満の金額を入金をするときです。

その場合には980円、決済代行会社によっては1,500円の手数料が発生するので、注意してください。

また振り込みに伴う手数料は、利用者側の負担になるので、こちらも注意が必要です。

入金手続後の取引口座への反映時間

XMでは入金手続き後の取引口座への反映時間が、入金方法によって異なります。

以下の表にまとめました。

入金方法取引口座への反映時間
国内銀行送金(日本)30分~1時間以内
クレジットカード/デビットカード入金手続き後 即時反映
ビットウォレット入金手続き後 即時反映
スティックペイ入金手続き後 即時反映
ビーエックスワン入金手続き後 即時反映

注意が必要なのは、現在XMではスティックペイとJCBカードによる入金の受付はおこなっていないという点です。

スティックペイとJCBカードで入金したことのある利用者のみ受け付けています。

最低入金額と入金上限額

XMでは入金方法ごとに、最低入金額と入金上限額が設けられています。

以下の表にまとめました。

入金方法最低入金額入金上限額1回あたり入金上限額1日あたり
国内銀行送金(日本)10,000円~1,000万円上限なし
VISAカード500円~80万円300万円
JCBカード10,000円~30万円100万円
ビットウォレット500円~80万円上限なし
スティックペイ500円~80万円上限なし
ビーエックスワン500円~80万円上限なし

上記の表について、注意点があるので、紹介します。

JCBカードは、1日辺りの上限入金額は設定されていません。

1ヶ月あたりの入金上限額として100万円が設定されています。

XM(XMTrading)の入金ルール

XM(XMTrading)の入金ルール

紹介するXMの入金ルールは3点です。

  • 基本通貨で入金方法が異なる
  • 入金は取引口座名義と同一の入金名義のみ
  • 入金方法と出金方法は同一の方法

入金前に、これらのルールは必ずチェックしておきましょう。

基本通貨で入金方法が異なる

XMでは取引口座の基本通貨の種類によって、入金方法が異なります。

以下の表にまとめました。

JPY(日本円)USD(米ドル)EUR(欧州ユーロ)
国内銀行送金(日本)
VISAカード
JCBカード×
ビットウォレット××
スティックペイ
ビーエックスワン××

入金は取引口座名義と同一の入金名義のみ

XMの入金は、取引口座名義と同一の入金名義の人からのみ入金を受け付けています。

これは不正な資金の中通を防止する取り組みの一環です。

XMの取引口座名義ではない名義による入金は受け付けていません。

そのため必ず登録している名義で送金するように注意してください。

ありがちなのは会社名義や家族名義などの、第三者名義で送金がおこなわれる場合です。

この場合、入金した資金はすべて返金されることとなります。

また国内銀行送金(日本)で入金する場合は、振り込みをするときに、XMに登録している口座名義と入金先の取引口座番号が指定されます。

結局どの名義で取引すればいいのか難しく感じる人は、下の画像を参照するとわかりやすいです。

XM 入金方法 取引名義

出典:https://xem.fxsignup.com/payin/

入金方法と出金方法は同一の方法

XMでは、テロ資金供与対策、マネー・ロンダリング対策の一環として、入金した金額までは入金方法と出金方法は同一の方法である必要があります。

ですが、トレードで得た利益は国内銀行送金(日本)でのみ出金することが可能です。

わかりやすい例が3つあるので、紹介します。

例1:VISAで50,000円入金し、30,000円の利益が発生した場合(残高80,000円)

入金出金
VISA50,000円50,000円
国内銀行送金(日本)×30,000円

例2:JCBで50,000円入金し、30,000円の利益が発生した場合(残高80,000円)

JCBカードは入金はできますが、出金には対応していないため、全額国内銀行送金(日本)にて出金します。

入金出金
JCBカード50,000円出金不可
国内銀行送金(日本)×80,000円

例3:ビットウォレットで30,000円入金し、2万円の利益が発生した場合(残高50,000円)

入金出金
ビットウォレット30,000円30,000円
国内銀行送金(日本)×20,000円

またXM口座に、複数の入金方法によって資金を入金した場合には、出金方法に優先順位が設けられています。

XM 入金方法 優先順位

出典:https://xem.fxsignup.com/payout/#article02

出金の際はカードが優先されるということを、覚えておくといいでしょう。

XM(XMTrading)の入金方法

XM(XMTrading)の入金方法

XMの入金方法は、それぞれの入金方法によって異なります。

  • 国内銀行送金
  • クレジット・デビットカード(VISA・JCB)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • BXONE(ビーエックスワン)

以上5点の入金方法を紹介していきます。

国内銀行送金

XMの国内銀行送金(日本)では、日本国内の銀行かXMの取引口座へ入金可能です。

ATMやネットバンキングでも送金できます。

他の入金方法では、即時反映されますが、30分~1時間以内に取引口座に反映される点はデメリットと言えるでしょう。

さらに、この時間は送金元銀行の営業日に限ります。

営業日ではない場合は翌営業日に取引口座に反映されるため、反映までにより長く時間がかかるので注意してください。

国内銀行送金(日本)では、日本円・米ドル・欧州ユーロなど、XMの全通貨タイプ口座への入金に対応しています。

基本入金手数料は無料ですが、入金額が10,000円未満の場合は980円、決済代行会社によっては1,500円の入金手数料が必要です。

クレジット・デビットカード(VISA・JCB)

XMの入金方法でクレジットカード、デビットカードを選んだ場合、カードブランドによって、入金上限額と最低入金額が異なることを知っておきましょう。

1回の入金上限額は以下の通りです。

VISAカード1回あたり80万円
JCBカード1回あたり30万円

また最低入金額、最高入金額も異なるので知っておいてください。

入金手数料はどちらも無料です。

カードブランド最低入金額最高入金額
VISAカード500円80万円(1日15回)
JCBカード1万円1ヶ月あたり100万円

XMで利用できるカードの種類は、クレジットカードとデビットカードのみです。

バーチャルカードやプリペイドカードは利用できないので、注意してください。

また2022年7月現在、XMではJCBカードの入金の新規受付を停止しています。

過去にJCBカードの利用履歴がある人のみが、JCBカードを利用できるので、覚えておきましょう。

これらを確認した上で、クレジットカード/デビットカードによる入金手順を見ていきましょう。

bitwallet(ビットウォレット)

ビットウォレットを利用してXMに入金する場合は、手数料が無料で、24時間365日リアルタイムでXMの取引口座への資金が反映されます。

XMの数ある入金方法の中でも、最も迅速に入金できる方法で、海外FX口座への送金に便利な入金方法です。

ただしビットウォレットの入金は、日本円の口座への入金にのみ対応しています。

米ドル、ユーロの口座を利用する場合は、他の入金方法を利用しましょう。

STICPAY(スティックペイ)

スティックペイでは、2022年7月現在XMでは新規の利用者からのスティックペイによる入金の受付を停止しています。

以前にスティックペイで取引をしたことがある経歴がある人のみが、スティックペイによる取引を利用できます。

BXONE(ビーエックスワン)

ビーエックスワンを利用して入金をすると、24時間365日リアルタイムでXMの取引口座への資金反映が可能です。

ビットウォレットと同じく、他の入金方法と比べても催促で入金できる決済方法です。

手数料は一切かからないという点もメリットと言えるでしょう。

ただしビーエックスワンは日本円通貨口座への入金にのみ対応しているものなので、注意してください。

XM(XMTrading)の目的別おすすめ入金方法

XM(XMTrading)の目的別おすすめ入金方法

XMの目的別のおすすめの入金方法を解説していきます。

すべての入金方法にメリット・デメリットがあるので、一覧にまとめました。

あなたのXMの利用目的を考えて、どの入金方法を選ぶといいのかを検討しましょう。

ちなみにJCBカードとスティックペイによる支払は、新規利用者は現在利用できないので注意してください。

※以下の表はスマホで横スクロール可能です。

国内銀行送金(日本)VISAJCBビットウォレットスティックペイビーエックスワン
総合的な手数料×
入金までのスピード
入金・出金の手間×
情報の安全×
多通貨の資産運用××

XM(XMTrading)で入金できないときの対処法

XM(XMTrading)で入金できないときの対処法

XMで入金ができなくて困ってしまったときの対処法を、それぞれの方法で紹介します。

クレジットカード

クレジットカードで入金ができない場合は、まず上限金額より上の資産を入金していないか確認してみてください。

  • VISAカード:1回あたり80万円
  • JCBカード:1回あたり30万円

これに当てはまらなかった場合は、逆に最低入金額を下回っていないかも確認しましょう。

  • VISAクレジットカード/デビットカード:500円
  • JCBクレジットカード/デビットカード:10,000円

銀行振込

銀行振込による入金には入金手数料が980円、決済代行会社によっては1,500円発生します。

国内銀行送金(日本)による入金最低金額は10,000円からなので、手数料を除いた上で10,000円の入金ができているかを確認してください。

入金手数料が発生するのは10,000円未満の入金の場合のみであるため、手数料が発生しない10,000円以上の金額を入金することがおすすめです。

10,000円以上の入金の場合は、入金手数料は発生しませんが、各種銀行の振り込み手数料は利用者負担になります。

利用する銀行は振込手数料が安いところを利用しましょう。

また銀行口座からの入金の場合、銀行営業時間内に振り込みをおこなっても、XMの取引口座に資金が反映されるまでに30分~1時間程度のタイムラグが発生します。

銀行が営業時間外の場合は良く営業時間内から反映されるので、入金できない場合には待つ必要がある可能性がある場合もあります。

それでも入金できないという場合には、振込人名義欄へ指定の情報が正しく入力されていない可能性があるため、振り込み内容が確認できる書類を添付した上で、サポートデスクに問い合わせてください。

電子ウォレット

電子ウォレットで入金できない場合は、XM口座に登録している名義と電子ウォレットに登録している名義が一致しているかを確認してください。

XM口座では安全性を守るために家族名義であっても、第三者名義による電子ウォレットの入金は一切受け付けていません。

また入金上限額より多くの資産を入金しようとしている場合も入金出来ない可能性があります。

ビットウォレットもビーエックスワンも、1回あたり80万円までしか入金ができません。

それ以上入金したい場合は、回数を分けて入金しましょう。

この入金回数の制限はないので、自分が入金したい分だけ回数を分けて資産を入金できます。

XM(XMTrading)の入金に関するよくある質問

XM(XMTrading)の入金に関するよくある質問

XMの入金に関するよくある質問にお答えします。

間違えて入金してしまった

XMではどの入金方法を使っていたとしても、一度入金してしまった資産をキャンセル処理することはできません。

間違えて入金してしまった場合は、出金申請手続きを行うことで、XMの取引口座から資金を出金してください。

土日も入金はできますか

土日でもXMの取引口座に入金することは可能です。

クレジットカード/デビットカード、電子ウォレットの場合は24時間365日、リアルタイムで取引口座に資金が反映されます。

国内銀行送金(日本)においては、土日でも入金することはできますが、取引口座への反映は送金元銀行の翌営業時間からの反映になるので、注意してください。

Bitcoin(ビットコイン)で入金できますか

XMではBitcoin(ビットコイン)による入金は受け付けていません。

コンビニから入金できますか

XMにコンビニから入金することは可能です。

その場合、利用者はコンビニと決済サービスを介して入金をおこなうことになります。

利用者は事前発行したコンビニ決済番号を使ってコンビニ支払をおこなうと、コンビニから決済サービスに収納された通知が送られてきます。

その通知を受け取ると共に決済サービスはXMに収納通知を送信します。

決済サービスからXMが、この通知を受け取った時点でXMは利用者の口座に資金を反映させます。

注意点は、どこのコンビニでもいいというわけではないという点です。

ローカルなコンビニの場合は利用できない場合があるので、利用できないコンビニを知りたい場合はXMのサポートセンターに問い合わせてみることをおすすめします。

またコンビニ払いで利用できるのは現金のみなので、事前に現金を用意することを忘れないよう注意してください。

出金時には国内銀行送金(日本)を利用しての出金になります。

ゆうちょから入金できますか

ゆうちょ銀行から、XMの取引口座に入金することは可能です。

振り込み手続きの際には「ご依頼任命」の欄にXM口座のローマ字の登録名と、入金先取引口座番号を指定して送金手続きをおこなってください。

楽天銀行から入金できますか

楽天銀行からでもXMに入金は可能です。

出金の場合にも楽天銀行は指定できます。

XM(XMTrading)の入金方法、入金できない時の対処法まとめ

XM(XMTrading)の入金方法、入金できない時の対処法まとめ

今回は、「XMの入金方法や目的別のおすすめの入金方法について解説しました。

XMは多くの入金方法に対応しているため、どの入金方法を選択すればいいか迷うこともあるでしょう。

その中でも国内銀行送金が総合的には国内銀行送金(日本)かVISAが便利ですが、他の支払方法にも一長一短あります。

どの入金方法を選ぶか迷っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

なお、以下の記事でおすすめの海外FX業者のランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者や各業者の特徴や評判を知りたい 海外FXと国内FXの違いや、メリットデメリットを知りたい 海外FX会社を選ぶ際の注意点を知りたい上記のように考えているかもし[…]